注目のバイナリー取引企業
金利差がもたらす利益

外国為替証拠金取引というと堅苦しいイメージを持ってしまうものですが、FXと聞けばどこかで聞いたことがあるぞ、最近流行っている投資の一種では?と興味を引かれる人も多いはずです。 
Foreign eXchange 、これが略称となりFXと呼ばれるようになった所以です。

日本国で扱われている通貨は円です。アメリカならUSドル、ヨーロッパ圏ならユーロとそれぞれ国によって使われている通貨は異なります。これらの外貨を取り扱うのがFXです。ちなみに外貨預金も同様に「外貨を扱う金融商品」ですが、こちらは預けた資金よりも格段に大きな利益が得られるというわけではありません。しかしFXにはレバレッジという預けたお金を数倍にして取引できる仕組みがあり、これを利用すれば手持ちの資金よりも大きなお金を動かすことができます。その為、期待できる利益も大きくなるのです。

FXの特徴だけを並べると実に稼げる投資ではないか!とすぐに取引を試してみたくなりますが、基礎的な知識だけは最低限身につけておくことが重要です。自分の資金として預ける「証拠金」や、証拠金を数倍にして取引できる「レバレッジ」をはじめ、「スプレッド」「スワップポイント」「ロスカット」「マージンコール」など、これらの専門的な言葉の意味はしっかり抑えておきたいところです。FXの基本を覚えることは、初心者でもFX取引を有効に進めていくための第一歩です。


・レバレッジ

FXの人気の理由にレバレッジが使えるという強力なアドバンテージがあります。レバレッジを使えば少額な資金でも大きな取引が実現できるからです。日本国内のFX業者では、預けた証拠金に対して最大で25倍ものレバレッジが利用でき取引することができます。

例えばFX業者に5万円を証拠金として預けた場合、5万円×25倍の125万円を資金として取引することができるようになります。簡単に言えば125万円分の為替差益を利益として手にするチャンスがあるということです。これは外貨預金では実現できない取引です。外貨預金の場合はあくまでも預けた5万円分のみで、そこから得られる為替差益はさほど大きくはありません。

円とUSドルの外貨でFX取引を行うことを想像してみます。この時1ドルが100円の為替レートだとして、5万円を証拠金としてFX業者に預けます。20倍のレバレッジを利用し、100万円で1万ドル=1万通貨を購入する取引をしたとします。そして為替レートが1ドル=103円になりドルを売る場合、購入した1万ドルは103万円で売ることができます。そこに発生する為替差益=利益が3万円です。そもそも元の資金は5万円ですから、レバレッジを利用すれば5万円で3万円の利益を得るということが実現可能なのです。

・ロスカット

さて上記の例を挙げて逆に為替レートが動いたとします。1ドルが97円になってしまったら元手が5万円に対して3万円の損失が出ることになります。このような時のために設定できるのがロスカットです。ある一定額の損失が出たら強制的に決済を行い、損失のリスクを最小限にするというのがロスカットです。(例えば1万円以上の損失が出たらロスカット、というように)
iForexでは甚大な損失を出したり、無用なロスを避けるようにロスカットが徹底されています。


・スワップポイント

2種類の異なる通貨、ここには金利差が発生します。日本の政策金利といえば0.1%という本当に僅かな値で推移しているため、どれだけ預金をしていても利息として得られるのはほんの数円・・・これは誰もが知っている事実でしょう。しかし国が変われば金利も変わる、例えば南アフリカ共和国だと平均5%にもなります。南アフリカに100万預金していたら利息は5万円にもなるということです。
この金利差を利用したのがスワップポイントです。

単純計算で考えてみると、100万円で南アフリカの通貨であるランドを同額分購入し、1年間保有したとします。約5%の金利ですから、日本円との金利0.1%を差し引いて金利差4.9%、4万9千円の利益が見込めるということになります。ちなみにFXでは日割りでこの利益を受け取ることが可能です。

スワップポイントで要注意なのは為替レートの影響を熟慮することです。南アフリカの通貨1ランド=10円のレートが、円高傾向になり9円となった場合どうでしょうか。100万円の元金が90万円となり、金利で得た4万9千円があっても結局元金割れしてしまう結果になるのです。円安の時はスワップポイント狙いで利益を上げるチャンスになりますが。

FX取引を成功させるには、為替差益のパターンとスワップポイントを狙うパターンと主に2つのチャンスがあるということを覚えておくとよいでしょう。