注目のバイナリー取引企業
◆24オプションの取引画面

今話題の、24オプションの100%ボーナスキャンペーン。これを機会に初めてみたいけど、海外業者ではスマートオプション以外口座を開いたことがないので、やり方や画面の見方がわからない…

FX取引は何とかわかるんだけど…という方のために、24オプションのプラットフォームやトレード方法について説明します。

プラットフォームとは、取引画面と読み替えてかまいません。

はじめての海外業者、わからないことが多いですよね。

何より英語が心配ということもあるでしょうが、24オプションは完全日本語対応ですので心配ありません。また、海外業者の中でも最多の日本人スタッフが待機していますから、何かあってもすぐに連絡が取れるので安心です。

さて、画面を見てみましょう。
 

高/低(HighLowのこと)、ワンタッチ、境界、60セカンズとなっていますね。

右側にある電話・チャット・メールの表示は、日本人スタッフに問合せをする時に使います。このサポートはアイフォレックスと似たようなレベルでメールや電話などで親切に対応してくれます。海外の企業でもやればできるんですね。

その下にあるビデオセンターは、役立つ情報が満載です。とても勉強になるので、見てみることをおすすめします。

高/低(HighLow)を見てみましょう。これだけ多くの取り扱い商品があるのは、やはり海外業者ならではです。

現在、取引画面で確認できる商品は、17種類ものFXの通貨ペアをはじめ、26銘柄の株式、16種類の株価指数のほか、金、銀、原油といったコモディティに至るまで、多岐にわたります。広い分野でバイナリーオプションに挑戦できそうです。

株式の中には、googleやappleなどの世界的な有名企業もあります。株にもHighLowがあるとは驚きです。画像でも、NIKE、Amazonなどが確認できますね。

24オプションは、幅広く投資対象を揃えているために、初めてバイナリーオプションに挑戦する人でも、様々な投資手法を駆使する本格トレーダーでも、柔軟にトレードを行えそうです。

Scam認定されている海外業者もあるバイナリーオプション業者として、豊富な銘柄を利用できるのは魅力的だといえますね。

実際の取引方法については後述いたします。なお、画面にある「+」はHigh、「-」はLowという意味です。